関西・関東風俗情報
ホーム > 関西風俗情報

関西風俗情報のブルセラ産業の繁栄について

ブルセラショップは1990年代に東京・横浜などの関東圏、大阪・神戸・京都などの関西圏、名古屋などの中京圏を中心とした大都市に始まり、仙台・札幌・福岡の地方都市に広がって行きました。
本来価値の希薄な商品を高額で取引されるという女子中高生や店の利害、そして安価にかつ容易に自己の持ち物等を販売できるという女子中高生の利害、普段接触できない青少年と接触したりショーツなどの性的意味合いを持つ商品に価値を見る客との三者の利害が合致したために急速に繁栄しました。
ブルセラショップの取引物となったショーツを引き渡す際に、女子中高生が客の前でショーツを脱ぐ場合に、客がその姿や陰部を写真撮影・映像録画させる場合もありました。

関西風俗情報ブルセラの法規制について

ブルセラショップ自体に法律で対処するため、21世紀に入ってから大都市圏の各都道府県の自治体は、18歳未満の青少年が着用済み下着等を買受・売却受託・売却あっせんを禁止し、違反者に刑事罰を規定するように青少年保護育成条例を改正しました。
これにより大都市圏において18歳未満の女子高生が下着を業者に持ち込み買い取らせるということが困難となり、18歳未満の女子高生が着用済みの下着に絡むブルセラショップは衰退しました。

関西風俗情報近年のブルセラの状況について

ブルセラショップの中にはコスプレショップやアダルトショップに転換して営業を継続した店舗もあります。
またコスプレなどのサブカルチャーの大衆化により、コスプレ用の既製品も多く市場に出回るようになりブルセラショップは過去の遺産となっています。
コスプレ用のものが多く流通している現代においても、本物の制服は一部のマニアからは人気が高くインターネットや携帯端末を利用して直接取引されることもあります。
ブルセラがブームとなった時期に中学生・高校生の時期であった女性や人は「ブルセラ世代」と呼ばれることもあります。

Q&A

Q:本当に素人の女性の方の物なのでしょうか?
A:プロの女性を雇って運営をするとコストの問題があり運営をする事ができませんので、素人の女性がお小遣い稼ぎに副業のアルバイト感覚にていらなくなった下着をサイトにて出品販売をしております。

Q:使用済み下着の中古商品しかないのでしょうか?
A:いいえ、中古下着以外にも使用済みの衣類や靴も販売をしております。
ご自身が欲しいと思う商品を女性にリクエストすることも可能ですので気軽に欲しいと思う商品をリクエストしてみて下さい。

Q:新品の商品はありませんか?
A:中古下着のみの販売サイトになりますので新品の下着の商品販売はしておりません。
当社がおすすめをする新品の下着の販売サイトをリンクにてご紹介をしていますのでご希望であればご覧になってみてください。

  • ▼新着情報
  • [2017-3-7]  関西・関東風俗情報がオープン。
  • [2017-3-7]  関西・関東風俗情報ならこのサイトがオススメ!!!